HOME>アーカイブ>あご周辺の体質や費用面、人工歯に求める要素を考える必要がある

まずはカウンセリングから

歯医者

インプラント治療を受けるためには土台を埋め込むあごの骨に十分な厚さがあり、なおかつ頑丈でなければいけません。そしてその他にもいくつか条件がありますが、それらを満たしているかどうかは自分では判断できません。そのためまずはカウンセリングによって詳しい話を聞いたり、検査をしたりするところから始めます。手術を伴う大掛かりな治療になるので、複数の歯科に相談した上で、安心して任せられると思ったところで受けるようにしましょう。またインプラントは費用が高額になりがちなので、福岡でも多くの歯科で分割払いを選択できるようになっています。一括払いの方が最終的な支払総額が安くなりますが、それが前払いの場合はあらかじめ費用を用意しておく必要があります。

メーカーの違い

男性

インプラントはネジのような見た目をしているスクリュータイプと、真っ直ぐな形状のシリンダータイプの2通りが主流です。それぞれ確かな安定感と装着のしやすさという強みがあり、どちらも複数のメーカーで数多くの製品が作られています。同じタイプであってもメーカーごとに特徴が異なり、コンパクトなサイズで前歯周辺に適していたり、将来の歯茎の減退を見越した対応力など様々です。福岡の歯科でも、その中のひとつのメーカー製品しか使用しないということは少ないでしょう。

人口歯にも種類がある

インプラント

インプラントは見た目を自然の歯に近づけられる点も強みなので、福岡でも表に出る人工歯部分には透明感のあるセラミックが選ばれることが多いでしょう。ただ目立ちにくい奥歯であれば見た目よりも耐久性が求められるため、内側が金属でできているメタルボンドも候補に上がります。またインプラントの器具に取り付けることさえできれば問題ないので、他の歯科治療と同じように全体が金属でできた人工歯を用意しているところもあります。