HOME>記事一覧>顎の骨がしっかりしていないと治療を受けることが難しくなる

顎の骨が重要だった

インプラント

歯を失う原因はいくつか考えられますが、歯が抜けただけではなく実は顎の骨があまりない人が少なくありません。インプラントは顎の骨が必要な治療方法なので、顎の骨が少なくなっていると治療を断られることがあるかもしれません。それでもインプラントにしたい人は骨移植が必要です。そうすれば、安定感がある上に審美性にも優れたインプラントを受けることができるようになります。実は、この手術を受ける人は決して少なく無く、多くの人が骨移植を受けています。それだけ多くの人が顎の骨の状態が悪いことがわかります。

他の治療法よりも優れているから

人工の歯を補う治療方法は入れ歯やブリッジなどがありますが、これらは審美性も安定感にも不安があります。しかし、インプラントであればどちらも手に入れることができますので、骨移植をしてでも受けたい人がとても多いです。自由診療でもありますが、快適に食事ができたり話をする時も歯のことを気にしなくて済むので、とても人気が高いです。健康な歯への影響もほとんどない治療法なので、顎の骨が不十分な人は骨移植を受けることを決意しています。他の方法と比べてもインプラントの方が満足できるでしょうから、多くの人が選ぶのも納得できます。